撮影 株式会社スタジオエム 写真家 前川政明氏
撮影 株式会社スタジオエム 写真家 前川政明氏

ご挨拶

 平素より、薫化舎グループへの格別のご理解とご支援を賜り、誠にありがとうございます。

 

社会的企業体としての事業

 

薫化舎(ボランティア活動としての旧レジリエンシークラブを含む)が誕生して約10年が経過しようとしています。皆様の温かいご支援とご鞭撻を賜りまして、地道に事業を継続させることができました。この場をお借りして深く感謝申し上げます。

私たちは「社会的問題の存在と解」を求めて、この10年間で約400ケースの非行や引きこもりと言った反社会的・非社会的な問題から高齢化や人材再生の問題まで、企業経営、政府機関、福祉法人、個人の皆様に対して幅広い角度からコンサルテイングやプログラムをご提供し、問題解決に挑戦してまいりました。

 

その間、様々な数多くの難題と対峙し、クライアントの皆様と共に闘ってきましたが、その過程のなかで同時に、新しい課題の存在と解決策やその問題の「存在」と「解」といえるものも多く発見してまいりました。現在では、そこから派生した技術を活用したコンサルタントシステムやプログラムシステムの開発も可能となってきました。

 

このような企業活動を継続しているうちに、多くの方々のご理解やご協力が得られ、本年4月には提携企業・法人を含めて10社の社会的企業体が形成されつつあります。社会的課題を対象としていますので、幅広い分野の企業が多角的に協力していくことにより、より根本的な問題が解決しやすくなります。

 

私たちは、その人や組織が抱える重い課題や問題が解決されたときの皆様の「笑顔」を求めて挑戦していきたいと考えております。本年4月中旬からは、一般社団法人「日本認知リフレーミング協会」の開設が予定されております。こどもから老人の認知症までをターゲットにした個別トリートメント(社会から切り離す単独トリートメントではありません。社会適応が最終目標です)の考え方をベースに、薫化舎グル―プが持つ独自のBSTP(Bio-Social Treatment Program)技術やコンサルタント技術、プログラム開発技術、問題発見解決技術、社会的企業経営技術などを専門家の方だけでなく、一般の方々にも学んでいただこうと計画しております。本格的運用までにはしばらく時間をいただきますが、皆様のご支援・ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。

 

加えて、地方公共団体や大学関係者からのご依頼もあり、株式会社薫化舎コンサルタンツ内に薫化舎出版を設置いたします。編集プロダクションと連携して世の中に眠る質の良い情報発掘を基本として、運営していきたいと考えております。皆様のお役にたてる情報を発信してまいりたいと思いますので、ご期待ください。

 

これからも社会的企業としての使命を果たし、クライアントさまのお役にたつことができるグループとしてさらに成長すべく、グルーブ社員一同、努力と研鑽を継続してまいります。

今後ともご指導とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

                                      薫化舎グループ代表 向井 義