ごあいさつ

撮影 株式会社スタジオエム 前川政明氏

薫化舎グループの企業理念について

 薫化舎は、人生において様々な困難や課題を抱える方々へ、より豊かなライフコースを提供することを目的として設立されました。

 薫化舎グループは、どんな困難な問題にも挑戦し、最善のサービスの可能性・実現性を追求しています。特に、民間での社会的セーフティネット機能を根幹として様々な企業と連携し、問題を解決することを目標としています。行政サービスでは対応が困難な領域にも挑戦し続けています。

 薫化は「無意識に行われる社会化」という意味があります。様々な方々が集まり、お互いが自然とポジティブに交わることによって、良い影響を受け成長し、より豊かなライフコースを歩むプラットホーム(舎)の役割を果たしたいという願いから、薫化舎という社名を付けています。


社会的企業として、社会不適応などの困難な課題を新しい視点から解決する

 

人生行路上で起こる様々な問題をあきらめずに解決すること

 

社会になじめないという苦しみや悩みの原因を追求し、取り除いていくこと

 

誰ひとり取り残されない社会構築のお手伝いをすること

 

これが薫化舎グループの追求していく課題です。

  



薫化舎グループは、社会に適応することに不安を抱えている方々に対して、様々な分野や視点からその不安を除く活動を行ってきました。引きこもりや非行、薬物依存、認知症などの現代社会の抱える問題に対して、新しい解決方法と社会的バリューを生み出してまいりました。

 

非行があっても、引きこもりでも、発達障害があっても、ライフコースを豊かにすることのできる技術や社会的なシステムを開発・構築してまいりました。行政や公的サービスが行き届かない領域に対しても、積極的に課題解決に挑戦し続けてまいりました。

 

現在では、ライフコースを方向転換させた方々のコミュニティも育っておりますし、グループの活動に賛同されて連携してくださる方々や企業、団体も増えてまいりました。おかげさまで、さまざまな社会的な資本もグループ内に蓄積しつつあり、より豊かなサービスがご提供できるようになってまいりました。

 

また、グループで開発した社会適応能力を改善する技術を特許申請するなどして、誰にでも新しい技術が使えるような体制整備や商品開発なども進めております。

 

加えて医師の直接参加により、薫化舎グループでは、医学、心理学、教育学、社会学、犯罪学、社会福祉学、社会工学、情報工学、行政関係などを用いた世界でも最先端のサービスがシステム的にご提供できるようになりました。児童・青少年から高齢者まで幅広いライフコース上の課題に対応できるようになりました。特に弊社は、読み書きの問題等の学習障害や相貌失認などの認知上の問題に対しても、高度なシステムプログラムを有していますが、これらの個人的・社会的課題に対して従来のセラピーやトレーニングだけでなく、医師による治療も行えることになりました。ご期待ください。

 

おって、障碍者の方やご老人の居宅支援事業や生活の支援を行えるような体制も整備しております。ご老人の方の孤独などにも質の高いサービスをご提供できるシステムの整備も始めています。

 

このようなソーシャル・イノベーションの領域にも果敢に挑戦してまいりますので、皆様のご支援・ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

  

                                         薫化舎グループ代表 向井 義