薫化舎グループの事業紹介

社会的セーフティネットの整備(再社会化事業)と社会的ベンチャーキャピタル(SVC: Social Venture Capital)事業を主として行っています。

薫化舎グループは、ライフコース上のヘルスケアやキャリア再生を各種ニーズに応じて提供する企業コミュニティです。


薫化舎グループの企業理念について

 薫化舎は、人生において様々な困難や課題を抱える方々へ、より豊かなライフコースを提供することを目的として設立されました。

 薫化舎グループは、どんな困難な問題にも挑戦し、最善のサービスの可能性・実現性を追求しています。特に、民間での社会的セーフティネット機能を根幹として様々な企業と連携し、問題を解決することを目標としています。行政サービスでは対応が困難な領域にも挑戦し続けています。

 薫化は「無意識に行われる社会化」という意味があります。様々な方々が集まり、お互いが自然とポジティブに交わることによって、良い影響を受け成長し、より豊かなライフコースを歩むプラットホーム(舎)の役割を果たしたいという願いから、薫化舎という社名を付けています。


薫化舎グループは、従来の考え方や方法では解決できなかった社会的な問題を新しい角度から解いていくことを目指す社会的企業コミュニティの形成を目標としています。

 

どんな問題や課題を抱えていても、認知システムレベルから個々人の潜在能力の発見と開発をしながら、薫化舎グループが形成する安心な社会システムを活用して様々で豊かな自立ができること。これが私たちのミッションです。

 

薫化舎グループの企業コミュニティを活用されて、実際に多くの方がライフコースの適正な方向転換と人生の可能性を見つけ出されています。発達障害や難治性の睡眠障害などと言われたり、学校に通えなかったりしたクライアントさんたちも医学部へ進学したり、一部上場企業への就職、国家公務員、地方公務員、介護職、起業家などへの方向転換を果たしています。新たに造園職人としての自立コースなども用意され、さまざまな領域での自立可能性が高められるようになっています。加えて、社会不適応だった方々で、認知リフレーミングトリートメントプログラム(CRTP)を受けられて、発達障害などの課題を乗り越えられた方などに対して、薫化舎®が投資を行って社会的企業を立ち上げる(起業する)社会的ベンチャーキャピタル事業(SVC: Social Venture Capita)も展開しています。会社などを設立し、自分たちで事業を成長させて、自立していくことを支援するプログラムです。これにより多くの方が夢をもって人生を切り開いています。

 

また、比較的重いとされていた障害があって、どこのシステムでも社会適応できなかった方々も、実際プログラムを受けられた後、正社員として自立しておられます。たとえ、いったん就労し失敗しても、薫化舎グループのコミュニティシステムが用意されていますので、それを活用して再度チャレンジができます。

 

特に福祉領域を担当する株式会社薫化舎ハイブリッドクラブは、障害のある方の居宅自立支援サービスを行っており、様々な就労支援と組み合わせて、一生のケアができるようなシステムも作り上げています。

 

薫化舎グループの主に株式会社が中心となって社会的問題を解決するサービスを提供していますのは、今後の国家財政などの将来を見据えてのことです。どんな環境でも上手に社会適応していける力の獲得とタックスぺイヤーとしての自立もターゲットに置いています。そして自由経済と福祉の良いところを活用しながら、新しい道を企業コミュニティとして模索し続けています。

皆様のご支援とご理解のほどよろしくお願いいたします。



薫化舎グループ 法人等一覧


薫化舎グループのビジョナリー

薫化舎®


家庭や学校、会社などでの悩みを認知システムの改善から解決する



ライフコースを豊かにするWEBシステム開発やネット空間整備を行う

株式会社 薫化舎ネットシステムズ


ライフコースを生活環境面で豊かにするお手伝いを行うソーシャル・ハンディマンズ

株式会社 アジア生活アシスト研究社


ライフコースを豊かにするアロマセラピー・パーソナルヨガ・認知健康食品製造販売

株式会社 Ufla   アロマデザイン ウフラ


豊かなライフコースのための造園環境を提供する

株式会社 中林造園プランニング


提携会社・法人・クリニック